🚩人気No1 【秘境・奥祖谷観光コース+観光ガイド付き・6時間26,280円】

おひとり様〜団体様までご予約出来ます


【時間制運賃】について
この観光コースは、一般乗用旅客自動車運送事業の運賃表に基づき運行する時間貸切観光コースです。コース内容・運賃は下記の通りです。
(奥祖谷方面は、冬期閉館している施設もあります)

 

【事前相談でご希望のオリジナル観光コースも作成致します。】


 

 

📍  発着場所:大歩危駅・大歩危・祖谷の宿

※空港・その他駅・ホテルなどの送迎はご相談下さい。

⬇︎

📕観光ルートマップはここから確認できます

行程表

龍宮崖公園の釣り橋

奥祖谷地方の祖谷渓谷と龍宮崖公園を結ぶ釣り橋。
川底からの高さは約50mで歩くたびに少し揺れ、それでも望みたくなる秘境の絶景。渓谷の底を澄んで流れる祖谷川の風景をご覧ください。

奥祖谷二重かずら橋

秘境の雰囲気が漂う美しい景観に囲まれたかずら橋。平家一族が剣山の「平家の馬場」に通うために架けられたといわれる橋で、男橋(おばし)と女橋(めばし)の二本あり、夫婦橋(めおとばし)とも呼ばれる. 奥祖谷を代表する観光スポットです。
料金:大人550円・子供350円 冬季休み(12月〜3月)

野猿(二重かずら橋)

奥祖谷二重かずら橋の並びにロープを引きながら渓流を渡ることができる「野猿」(やえん)を体験することが出来ます。
冬季休み(12月〜3月)

天空の村・かかしの里

かかし村は標高900mの高地にあることから「天空のかかしの里」とも呼ばれています。村の畑で働く人や民家の軒下で日向ぼっこする人、道端で井戸端会議に花を咲かせる人たちなど、村人がのんびり暮らす光景が見られます。村人27人、かかし200人!
まさに「かかしの里」です。
年中無休

落合集落展望所(国選定重要伝統的建造群保存地区)

江戸の中期から明治期にかけて造られた斜面に建つ民家や石垣は独特な工夫があり歴史的価値が高いもので指定を受けた中では最も急な斜面にある山村集落を展望所から眺めることができます。

落合集落内(長岡家)

落合集落は標高500~750メートルの斜面に張り付くように寄せ棟造りの家が並んでおり、人口は約100人。平成17年には国の重要伝統的建造物群保存地区に選ばれました。主な産業は農業。急斜面の畑に、かつては煙草や三椏(みつまた、紙幣の原料)、お茶や養蚕などで生計を立てていました。 「長岡家住宅」。明治34年に建てられた家で、落合地区の中でも裕福な家だったといわれています。家の外側に突き出た便所の肥溜めは外から開けることができ、中はかなり大きな容積となっています。家の内部には囲炉裏部屋が二つあり、用途によって使い分けられていました。また、サツマイモを貯蔵するためのイモ壺(穴)もあり、そこは想像以上に深い穴蔵となっています。是非、深いイモ壺を探検して下さい。
定休日 水曜日
冬季休み(1月・2月)
無料・

奥祖谷観光周遊モノレール

全長4600m、高低差590m、最大傾斜度40度、最頂標高1380mと観光用モノレールとしてはすべてが世界一。森の中の空気は、なんだか爽やかですがすがしい。 これは植物から発散されるフィトンチッドの効果だと言われています。 ゆったりのんびり進むモノレールで森林浴を楽しみながら登山気分を味わい、自然からの恩恵を感じてみてください
料金:大人2000円・子供1000円
定休日 水曜日
冬季休み(12月〜3月)

昼食/名物・祖谷そば

祖谷の傾斜地で採れた蕎麦は香り良く、蕎麦の実が小さく味が良いと言われています。祖谷に来たなら是非、ご賞味下さい!

ご希望の場所へ追加もできます

【コース料金】
★小型タクシー(4名まで):26,280円(税込)追加延長は、30分毎/2,190円
★中型タクシー(4名まで):29,400円(税込)追加延長は、30分毎/2,450円
★ジャンボタクシー(9名まで):39,720円(税込)追加延長は、30分毎/3,310円

※ 施設利用料・昼食はお客様のご負担となります。
※この料金は、タクシー1台の料金となります。
※定員様までご乗車頂けます。

【お支払いについて】
当日、観光終了後ドライバーにお支払い下さい。