🚩人気No.3【剣山&平家落人コース+観光ガイド付き・6時間26,280円】

おひとり様〜団体樣までご予約出来ます


【時間制運賃】について
この観光コースは、一般乗用旅客自動車運送事業の運賃表に基づき運行する時間貸切観光コースです。コース内容・運賃は下記の通りです。
(奥祖谷方面は、冬期閉館している施設もあります)

 

【事前相談でご希望のオリジナル観光コースも作成致します。】


 

 

📍  発着場所:大歩危駅・大歩危・祖谷の宿

※空港・その他駅・ホテルなどの送迎はご相談下さい。

⬇︎

📕観光ルートマップはここから確認できます

行程表

剣山登山

日本百名山で知られる「剣山」平国盛と安徳天皇は、平氏の復活を祈願して三種の神器の1つとなっている宝剣の天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)をこの山の山中に納めたという伝説も残っています。

山頂で昼食(お弁当)

予約:お弁当

武家屋敷

宝暦13年(約250年前)に建てられた祖谷地方でも最も大きな武家屋敷。屋島の戦に敗れた平氏一族が落ちのびてきた東祖谷山村大枝地区は、平家縁の地です。 この平家の里の名主であった「喜多家」は、祖谷の上層階級の武家屋敷である。庭先には「鉾杉」もあり一見の価値有り。

平家屋敷

約150年前の火災により、現在は文久2年(1862)に建て替えられたもの。阿佐家は壇ノ浦の合戦の後、この地に住んだ平国盛の子孫にあたり、平家の赤旗などを所蔵している。 建築様式が全国でも珍しく、徳島県の有形文化財として指定。

祖谷のかずら橋

祖谷のかずら橋(国指定重要有形民俗文化財) 平家一族の哀話を秘める、秘境“祖谷”にあるかずら橋。シラクチカズラ(重さ約6トン)で作られたもので、長さ45m・幅2m・水面上14m。 昔は深山渓谷地帯の唯一の交通施設であった。3年毎に架替えが行われる。(国指定重要有形民俗文化財) ◎かずら橋ライトアップ  毎晩19:00~21:30の間かずら橋をライトアップします(渡橋はできません)。  闇夜の中に照らされた「かずら橋」が幻想的です。 ◎平家伝説の残る「琵琶の滝」がすぐそばです。  祖谷のかずら橋を渡ってすぐに左に50mくらい行くと、落差約50mの滝が現れます。 ◎川遊び:「琵琶の滝」を更に50mくらい行くと遊歩道があり、そこから川辺に下りて遊べます。 料金:大人550円 子供350円

【コース料金】
★小型タクシー(4名まで):21,900円(税込)追加延長は、30分毎/2,190円 ★中型タクシー(4名まで):24,500円(税込)追加延長は、30分毎/2,450円 ★ジャンボタクシー(9名まで):33,100円(税込)追加延長は、30分毎/3,310円

※ 施設利用料・昼食はお客様のご負担となります。
※この料金は、タクシー1台の料金となります。
※定員様までご乗車頂けます。

【お支払いについて】
当日、観光終了後ドライバーにお支払い下さい。